新「ドラえもん」スタート

今夜(2005年4月15日)の放送から、声優陣を一新した「ドラえもん」(テレビ朝日)が始まった。
声だけではなく制作スタッフも替わっているので、キャラクタのデザイン等も新しくなっていた(オープニングテーマはおなじみのものだったが)。従来のものとは別物と考えても良いだろう。

アニメの「ドラえもん」を観たのは数年ぶりくらいだ。今夜は新装初回なので観ておこうと思った。
番組枠を一時間に拡大して、三話分放送。原作マンガで読んだ記憶がある。セリフやオチが記憶通りだったので、なんだか観ていてうれしかった。原作をかなり意識して制作しているのだろう。
声優陣一新については、慣れてしまえば違和感なし。全員交代で話題になったが、番組永続のためには、結果的に良かったのではなかろうか。

次週以降も見続けるかどうかはわからない。たぶん、今まで通り、滅多に見ないだろう。
どちらかというと、自分は原作ファンだということに気付いた。ドラえもんの色は、青というよりは、縦線の模様という感覚だ。

この記事へのトラックバック