「へうげもの」

最近、山田芳裕という人物を忘れかけていた。気づいたときには「モーニング」誌で連載が始まっていた。「へうげもの」。戦国時代が舞台のマンガだ。彼の最近の作品は、「スポーツもの」か「時代もの」が多い。今回は「時代もの」だ。

いまは最初のストーリーを知らずに読んでいる。あらすじはわかるが、早く単行本で読みたい。

この記事へのトラックバック