「ケータイ刑事 THE MOVIE」について

2006年2月公開「ケータイ刑事 THE MOVIE」の公式ホームページが開設された。

ストーリーやキャストを見ても、長女・愛は登場しないようだ。銭形愛役の宮﨑あおいさんの公式ホームページを見ても、出演するという情報はない。やはり銭形四姉妹のうち、出演するのは三人だけか。

次女・泪(黒川芽以さん)は高校生の設定のようだ。テレビドラマシリーズ放送当時から数えると、現在は大学1年に相当する。同様に、三女・舞(堀北真希さん)が高校3年で、四女・零(夏帆さん)が中学2年。実際の年月の進行と、物語の世界の進行は異なることにする。このことは、長女・愛の生年月日は特定されているが、次女・三女・四女の生年月日は特定されていないことにつながるかもしれない。
映画版では泪が高校生のままということは、泪が高校3年、舞が高校2年という設定だろうか。それとも、テレビドラマシリーズと同じ泪・高校2年、舞・高校1年だろうか。同様に、零は中学2年か1年かということになる。映画版では、零は「警視」から「警視正」に昇格とある。

映画の公開は2月からだが、出演者は夏服。ということは、物語は「夏」。夏休みか?

映画化にあたって期待することは、テレビドラマシリーズでは謎のままだった「ワトソンくん」の正体が明らかにされること。実は白いスカーフの男・佐藤公安(佐藤二朗さん)、ということだったら怒る。が、案外そうだったりするのも「ケータイ刑事」シリーズ…。

果たして犯人は…?
実は「おじいちゃま」か…。あるいは「閣下」(水野晴郎さん)か…。

この記事へのトラックバック