「ケータイ刑事 銭形舞」再放送

BS-iでは、毎週木曜日22:00~22:30にケータイ刑事シリーズの再放送をしている。
先々週(2005年10月6日)、第1シリーズの「ケータイ刑事 銭形愛」が最終回をむかえ、先週(2005年10月13日)から、第2シリーズの「ケータイ刑事 銭形舞」が始まった。

本放送では「愛」と「舞」の間に半年間のブランクがあったが、今回の再放送ではそれがない。神無島署へ異動になったはずの五代さんが、翌週には都内でダンスを踊っているという展開になってしまっている。
「愛」の最終回では、鑑識課の柴田さんが捜査一課に転属となっていた。「舞」の第一話では、元通り鑑識に戻っていた。この間に、解剖をしないことによるアレルギーが出たというのだろう(笑)。

柴田さんと言えば、「舞」シリーズから番組の最後に「柴田太郎の鑑識メモ」のコーナーがある。第一回目は、「ワトソンくん」について説明していた。シャーロックホームズの助手でもなく、プロゴルフプレイヤーのトム・ワトソンでもない。その正体を書いたフリップをめくると、「N」…。途中で時間切れでそこまで。こんなヒントを出していたのですね。「N」の次の文字も一部が見えたが分からず。もしかすると「g」かも。

「舞」は五代さんが思いを寄せるアニータが重要。第一話で五代さんがダンス教室に通っていたのも、ダンスでアニータに気に入られるため。アニータがイタリア人とわかり、第二話ではイタリア語教室に五代さんが通う。で、そこで事件が発生する…。

この記事へのトラックバック