「ケータイ刑事 銭形雷ナビゲーション」

BS-iで連日放送された「ケータイ刑事 銭形雷ナビゲーション」について。
2006年1月1日にスタートする「ケータイ刑事 銭形雷」を紹介する番組である。

冒頭、ケータイ刑事の決めゼリフ集から始まる。

「愛の光で闇をうつ」銭形愛
「この世にはびこる悪の舞」銭形舞
「泪の裏には悪の影」銭形泪
「午前零時の鐘の声」銭形零

そして、銭形雷の決めゼリフは-。

「雷鳴轟く積乱雲。何枚腹巻き重ねても、悪のおへそは逃がさない。その名も人呼んで、ケータイ刑事・銭形雷。わたしの稲妻でしびれなさい」

ケータイ刑事について、プロデューサーの丹羽多聞アンドリウ氏が語っていました。
「ルーズソックス刑事」の話から、「銭形四姉妹」、そして「銭形雷」について。
銭形雷は、分家の長女。そして、気象予報士の免許を持っている。

「銭形雷」を演じるのは、京都出身の小出早織さん17歳。

相棒の刑事役は国広冨之さん。同じく京都出身。
役名は「岡野富夫」。警部補。
国広さんといえば、「噂の刑事トミーとマツ」だ。今後、これとからめた脚本も予想される。松崎しげるさんのゲスト出演を期待してしまう。
ライセンスマニアで、東京大学法学部卒業という設定らしい。

鑑識は大堀こういちさん。
役名は「柴田束志」。南インド・タンジャプールから警視庁に派遣された。
名前が回文のせいか、逆立ちのシーンが多いが、実際は苦手。そのため特訓しているとか。
前4作の鑑識の柴田太郎との関係は不明。

第1話のみどころは、チーフライターの林さんによると、「腹巻き」という台詞らしい・・・。

1話の内容が少しだけ紹介。
「銭形雷、警視正。以後お見知りおきを」
「お見知りおきをおしおきに変えてやる」のやりとりも健在。
「よどむ、悪の天気」
「謎はとけたよ、ワトソンくん」
という台詞があります。

最後に、オープニング映像公開。
雷が空から降りてきます。
「明日は明日の風が吹く。今日は今日」
そして「ライラライ…」と雷本人が歌います。
婦警と踊って、ギターも弾いています。アリスか、と思ってしまいます。
最後は銃を構えたところで終わっていました。

第1話の放送は、2006年1月1日(日)23時00分スタート。

この記事へのトラックバック