本能寺の織田信長を討つ~「へうげもの」第十九席

「モーニング」(講談社)で連載中の「へうげもの」(山田芳裕・作)について。

第十九席、ついに光秀が決意する。亀山城で家臣の前で「本能寺の織田信長を討つ」と宣言する。
普通の展開だったので、意外だった。拍子抜けした感がある。もう一押し、秀吉の策があるかと思っていたが、そういうことはなかった。次回以降、時計を戻し、実は秀吉がこんなことを働きかけていたという描写があるかもしれない。

宣言してしまったからには、光秀はこのまま本能寺に攻め入る。秀吉は「中国大返し」の準備をしていることだろう。
本能寺に足を運びたがった左介はどうなるのであろう。

信長は本当に討ち死にするのだろうか…。

この記事へのトラックバック