映画「スケバン刑事」について

東映・映画「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」の公開(2006年9月30日)まであと一週間となった。予告編やメイキング映像などを見ていると、もう観終えたような気持ちになってしまうが、それはアクションシーンに限ったことであり、肝心のストーリーはまだ分からないのが現実だ(当たり前だが)。
公開を前に、映画「スケバン刑事」をふり返ってみたい。

もともと「スケバン刑事」は、和田慎二氏作のコミックである。それを原作にフジテレビでドラマ化された。主演は斉藤由貴さん。自由の「由」に、貴金属の「貴」である。そんな小ネタをはさみつつ、その斉藤さんが「初代」と呼ばれている。このときのテレビドラマは原作に忠実と聞いているが、コミックもテレビドラマも見たことがないので詳しくは分からない。
テレビドラマ「スケバン刑事」の続編として、「スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説」が始まる。このドラマの主演は南野陽子さん。南野さんが「二代目」と呼ばれる。そして、その続編が「スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇」で主演は浅香唯さん。浅香さんが「三代目」と呼ばれる。「スケバン刑事II」も「スケバン刑事III」も見たことがないので、詳しいことは分からない。要するに、テレビドラマは見たことがないのだ。
「スケバン刑事III」の放送中に、東映で初めて映画化された。映画「スケバン刑事」の主役は二代目の南野さん。脇役として三代目の浅香さんも共演している。劇中、浅香さんは南野さんのことを「二代目」と呼んでいた。そして、浅香さん主演の映画「スケバン刑事 風間三姉妹の逆襲」も公開された。恋愛ドラマの要素も取り入れた作品だった。映画は両作品とも見たことがある。テレビでも放送されたことがあるが、しっかり劇場で観た。
ここで注目してほしいのは、初代の斉藤さんである。テレビドラマには出演したものの、映画には出演していない。テレビドラマの映像を映画にも使用していたかもしれないが、そういうことなのだ。

そして、「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」。主演は松浦亜弥師匠。予告などで「期間限定、麻宮サキ」と言うシーンがあるが、セリフの通り「映画だけ」の期間限定だ。テレビドラマから映画化というパターンではない。役としては松浦師匠が「四代目」ということだが、「スケバン刑事」の世界観を考えると、浅香さんから松浦師匠までに、十数人もの「麻宮サキ」がいてもおかしくないと思う。
サキの母親役として斉藤さんが特別出演している。初代と四代目の共演が実現したわけだが、斉藤さんが映画の「スケバン刑事」に出演したのはこの作品が初めてとなるわけだ。
「暗闇警視」役で長門裕之さんも出演している。「スケバン刑事」シリーズでは、「暗闇指令」役でおなじみ。長門さんの出演で、20年という時の間隔を埋めてくれる。
今回の映画に、フジテレビは関わっていないようだ。代わりと言ってはおかしいが、テレビ東京が製作委員会に加わっている。以前の作品とは「別物」と考えてよいと言われているが、この辺りも大きく影響しているに違いない。

映画の公開まであと7日。映画初主演となる松浦師匠の「本物」のような演技が楽しみである。

この記事へのトラックバック