テレビ考「D-VHSの憂鬱」

HDDレコーダを購入する前は、D-VHSのビデオデッキでテレビ番組を録画していた。今でも、デジタル放送はD-VHSを使っている。
D-VHSは「つなぎ」と割り切っている。ハイビジョン画質でデータ放送などを含めそのまま保存できる手段が、D-VHSしか選択肢がなかったから、とりあえず使っている。
HD DVDやBlu-rayといった次世代ディスクのレコーダも発売されてしばらくがたち、そろそろ移行を考えている。いままでD-VHSで録りためたものをディスクに移したい。
ここで気になることがある。D-VHSから次世代ディスクに移すことは可能なのかどうかだ。

D-VHSと次世代ディスクとの一体型HDDレコーダなどが出てくれると嬉しいが、期待薄だ。D-VHSビデオデッキと、次世代ディスクドライブ内蔵HDDレコーダをiLink接続でTS信号を送れればよい。iLink端子がついていても、次世代ディスクドライブ内蔵HDDレコーダ側で入力できなければならない。出力のみの場合もあるので、スペックには気をつけたい。
ここで注意すべき点は、「コピー制御」だ。アナログ放送や、コピー制御のないデジタル放送(主に2004年4月以前のBSデジタル放送)ならばよいが、それ以外はコピーできない。ダビングできればコピー元が消えても差し支えないので、「ムーブ」ができればよい。しかし、元がD-VHSでは「ムーブ」はできない。テープに記録した番組にコピー制御がかかっていれば、どうやってもディスクに保存することはできないのである。ということで、コピー制御付きのデジタル放送の移行はあきらめる。どうしても残したい場合は、画質を落としてVHSテープにアナログダビングしてバックアップとして保存しておくべきだろう。たぶん将来、VHSが消えるよりも前にD-VHSが市場から消えると思う。

デジタル移行時代のテレビ番組の録画の心得をまとめてみた(D-VHSでデジタル放送の番組録画しているユーザ向け)。

1.なるべく早い時期に次世代ディスクレコーダに切り替える。
2.1.が困難な場合、D-VHSテープに残す場合は、故障に備えて予備のデッキも用意。
3.2.も困難な場合、D-VHSテープをVHSテープにアナログダビングして最悪の事態に備える。
4.地上波およびNHK BS1・BS2の番組は、コピー制御がないアナログ放送も録画しておく。

以上は、できるだけ自前で保存する前提。番組がビデオパッケージなどに商品化されたら購入するなど、なるべく自前で保存しない選択をした方が利口かもしれない。サーバ型放送が開始され、自分好みの番組を好きなときに見られるようになれば、そもそもレコーダなんて不要になる。

この記事へのトラックバック