次世代ケータイの料金は?

あと数年で、次世代ケータイの時代がやってくる。第4世代ケータイの前に、第3.9世代と呼ばれる「LTE」方式が先に商用化されるようだ。第3.9世代が先にあって、第4世代に移行するという。
一般の利用者にとっては、技術的なことはどうでもよく、料金体系がどうなるかということだ。次世代ケータイで期待されることは、通話品質の向上より、データ通信の高速化による動画などの大容量データの扱いやすさだ。キャリアはそのために設備投資をしなければならないが、従来の料金プランそのままで機種変更さえすれば利用できるようにするのか、従来とは別の料金プランを用意し、新規契約あるいは機種変更時に、新しい料金プランにしなければならないのだろうか。後者の場合、普通に考えると従来より高額になると思うが、普及を促進するため、あるいは他社との競争などで、あえて低価格な料金プランを設定するかもしれない。

ドコモの第2世代ケータイ「mova」のサービスが2012年3月31日で終了する。そのころには、次世代ケータイの時代がやってきているか、な?

この記事へのトラックバック