「石田黙のある部屋」解決編

2009年5月13日(水)24時10分~24時40分放送「探偵Xからの挑戦状!」(NHK総合)。第七回「石田黙のある部屋」(折原一さん作)について。

考えすぎてました。
シロはただの迷い犬だったとは…。
ドラマではシロ(名前の通り白い犬でした)は写真でしか登場しませんでしたが、ケータイ小説では解決編で帰ってきます。

脅迫状の「黙」は「黒犬」。
犯人は竜三を驚かすつもりでいたが、結果的に心臓発作を起こして死んでしまった。
黒犬が竜三の指をかんだ。
密室を作ったのは竜三自身。
ダイイングメッセージは「犬」と書こうとしていた。

この点は推理できましたが、黒犬の正体と足跡の謎は違いました。
ケータイ小説では板倉が飼っている「テリア」は何色か書いてありませんでしたが、ドラマでは黒いテリアになっていました。
脅迫状を出したのは板倉で、竜三が窓を開けたときにテリアが飛び込んでいったのが真相でした。
足跡が一方通行なのは、竜三が窓から投げ飛ばしたからでした。

完全正解とはなりませんでした。残念。

テリアの名前が「クロ」ではなく「シロ」だったら面白かったのに。と思うきょうこのごろ。

この記事へのトラックバック