「靴の中の死体」第五章

NHKで放送中の「探偵Xからの挑戦状!」。山口雅也さん作「靴の中の死体」について。

第五章では、シューメイカー夫人が首をしめられて殺されたあとに吊るされて鞭を打たれたことがブル博士によって説明されます。さらに、キッドがシューメイカー夫人の靴を見つけ、靴の館に続いていたひと組の足跡と一致することが判明します。それ以外の足跡はなく、窓も開けられた形跡はありません。完全な密室状態かどうか、まだ調べていない隣の部屋をキッドが調査すると、ジョージが死んでいるのが見つかります。

このあと、ジョージがシューメイカー夫人を殺害したあとに自殺したと推理されますが、そうではないことが判明し、真犯人は誰かということで問題編が終わると思います。

この記事へのトラックバック