「鍵のかかった部屋」#7

2012年5月28日(月)21時00分~21時54分放送、ドラマ「鍵のかかった部屋」(フジテレビ)の第7話。
エピソード7「狐火の家」で、「今回は、密室が破られません。」とテレビ欄にあった回。

毎回、ドラマの冒頭に、主人公の榎本径(大野智さん)が、ストーリーテラーのように事件の密室の説明と、解く鍵を説明している。
今回も例外なく、そのようにドラマが始まった。そして、榎本が「さて、今のは?」と視聴者に問う。

よく見てなかったー。

後で確認してみると、このセリフの前、窓の後ろに青白い「狐火」(鬼火)が上昇していたのだった。

この冒頭部分は、榎本だけではなく、青砥純子(戸田恵梨香さん)、芹沢豪(佐藤浩市さん)も登場するが、ドラマの本筋とは全く関係はない。
芹沢は今回、ストーリー上、現場には一度も訪れていないため、ここにいてはいけない存在である。
もし、いたとするならば、それは超常現象とも言えるだろうが、科学で解明できる錯覚とする説もあるかもしれない(笑)。

ラストシーンの備品倉庫で榎本の後ろで狐火が上昇するのは見逃さなかった。


フジテレビ・鍵のかかった部屋

この記事へのトラックバック