「へうげもの」江戸篇突入

「モーニング」(講談社)に隔号連載している「へうげもの」(山田芳裕・作)。
関ヶ原の戦いが終わり一時休載していたが、連載が再開され新章「江戸篇」に突入。江戸時代に入り、新たな展開となっている。
ところが、主人公の古田織部が登場しない。

江戸篇で2話が終わった時点で、まだ主人公が登場しない。
京・小川の扇屋「俵屋」の若旦那・宗達が古織に逢いたいと、豊国神社や北野天満宮を訪れるが、結局逢えないままでいる。
まるで、レイザーラモンRGの「早く言いたい」の“あるあるネタ”のように、「早う逢いたい」と言っている。このまま最終話まで登場させないつもりだろうか。

この記事へのトラックバック