テーマ:映画

映画「テルマエ・ロマエ」

映画「テルマエ・ロマエ」を観た。 テンポよくストーリーが展開してゆき、次々と課題がクリアされてゆく。1時間48分の上映時間はあっという間だ。 この映画を観るきっかけは、劇場で見た「予告編」だ。古代ローマが舞台なのに、主役の阿部寛さんがローマ人の役で、現代日本の銭湯にタイプスリップする。「ケロリン」の風呂桶をまざまざと眺めるその姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」について・その5

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観たので、感想をひと言。 シンジが普段聞いている音楽、というか、そのプレーヤーが気になっていた。SDATという、DATの上位規格と思われるものだが、カセットテープであることには違いない。現実世界の今日においてはMDなどのディスクも古くなり、メモリが主流。2015年の世界でなぜ何世代も前のテープを使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」について・その4

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観たので、感想をひと言。 綾波レイが、食事会を計画する。はじめのうちは、シンジには内緒だと、ミサトがアスカにくぎをさす。ミサトはレイからの招待状をアスカに渡すが、シンジに内緒ならばケータイのメールでいいんじゃないかと思った。ケータイのメールを打つレイの姿は想像できませんが、ドコモが協力している映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」について・その3

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観たので、感想をひと言。 3号機のパイロットにアスカが選ばれる。旧作では鈴原トウジだが、新劇場版ではトウジではないことを印象つける演出をしている。当たりくじつきのアイスを食べたところ、トウジは「ハズレ」と言っている。その次のシーンでアスカが3号機に乗ることが明らかとなり、トウジはアイスがはずれただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」について・その2

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観たので、感想をひと言。 鈴原トウジの妹が、静止画ながら登場する。初号機の最初の戦闘の際にけがをして入院していたが、新劇場版では退院するまで回復してしまう。旧作では退院には至らず、3号機のコアになったという説もあったが、これで鈴原の妹がどうなったか決着がついたということだろうか。コアについては、設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」について・その1

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観たので、感想をひと言。 第3使徒の体をバラバラにして永久凍土に閉じ込めておいたという設定のようだが、これは映画「AKIRA」と似ていて笑えた。「AKIRA」も体をバラバラにして冷凍して封印していた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「審理」御出演

2008年4月14日(月)21時00分~21時54分放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日)を見た。この日のテーマは、日本の司法制度についてで、2009年5月21日にスタートする「裁判員制度」も取り上げていた。制度を紹介するVTRの中で、映画「審理」の映像を使用していた。そこに映っていたのは酒井法子大先生だった。 映画「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミック原作実写版映画

近年のテレビドラマは、原作がコミックというものが多い。コミックのアニメ化ならぬドラマ化だ。別の言い方をすれば、実写版コミックだ。なかには、実写化が難しいコミックも多々ある。しかし、最近はCG技術を駆使し、実写化が困難と言われていたコミックの実写版を映画化している。「どろろ」、「蟲師」、「ゲゲゲの鬼太郎」などがそうだ。それならば、実写版を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「日本以外全部沈没」

先日、映画「日本以外全部沈没」を観に出かけた。小松左京氏原作で、ことし映画もリメイクされた「日本沈没」。そのパロディの短編小説「日本以外全部沈没」が原作である。原作者の筒井康隆氏も、映画に出演している。また、最近CSでも放送されているが、TBSドラマ「日本沈没」に主演した村野武範氏が総理大臣役で、1973年の映画「日本沈没」の主演である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」について その2

映画「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」について。 休日はいろんな予定があって、なかなか映画館には行けず。しかし、気がついたら、今度の金曜日で終わってしまう。前売券も残っているので、あわてて映画を観に行く時間をとった。 2度目なので、前回見逃していたことはないか注意深く見ていた。しかし、新しい発見はあまりなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」について その1

映画「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」を観に行った。 2006年9月30日(土)封切だったが、きのうは用事で劇場へ行けず、日曜日行ってきた。前売券を購入していたが、1日だったので1000円で観られる。前売券を使うのはもったいないような気がして、1000円払って入場。何度でも観たる。 映画を観て思ったことをいくつか。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ケータイ刑事」の将来

「ケータイ刑事 銭形雷」(BS-i)が終わり、「ケータイ刑事」シリーズは休止期間に入った。これからは「ケータイ刑事 THE MOVIE 2」の製作に専念するのだろう。「THE MOVIE 2」は、雷(小出早織さん)と零(夏帆さん)が活躍する。前作は泪(黒川芽以さん)・舞(堀北真希さん)・零の3人だった。愛(宮﨑あおいさん)はいまアフラッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「スケバン刑事」について

東映・映画「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」の公開(2006年9月30日)まであと一週間となった。予告編やメイキング映像などを見ていると、もう観終えたような気持ちになってしまうが、それはアクションシーンに限ったことであり、肝心のストーリーはまだ分からないのが現実だ(当たり前だが)。 公開を前に、映画「スケバン刑事」をふり返ってみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スケバン刑事」プレミアムDVD

2006年9月30日(土)に公開される映画「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」。 前売券が発売されていますが、劇場によってはプレミアム付前売券もあります。通常1300円のところ、プラス200円でポスター、プラス400円でプレミアムDVDのどちらかを付けることができます。 その「プレミアムDVD」の内容は、メイキングや出演者イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ刑事 THE MOVIE 2」

2006年9月2日(土)23時00分~23時30分放送の「ケータイ刑事 銭形雷」(BS-i)で、雷が銭形家で一番射撃がうまいと自慢していた。詳しく知りたい人は、「ケータイ刑事 THE MOVIE 2」を見てくださいと、さりげなく映画のPRをしていた。 「ケータイ刑事 THE MOVIE 2」は、雷と零の出演となるそうだ。岡野刑事と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本以外全部沈没」

小松左京氏の小説「日本沈没」が再び映画化され、まもなく公開される。CG技術が発達したおかげか、かなりリアリティーのある作品のようで興味深い。 かつてテレビドラマシリーズとして放送されたこともあった。番組主題歌を歌っていた五木ひろしさんがゲスト出演していたことを覚えている。九州南部が沈んだことを、衛星写真を見せるだけで済ませていたように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四代目スケバン刑事初披露会見

松浦亜弥師匠が四代目麻宮サキを演じる主演映画「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」の会見が先日ありました。東映のサイトにも掲載されています。 スカートが短くなったと言うことですが、セーラー服には変わりはなく、新鮮な感じはしませんでした。シンプルになったような印象はあります。 気が早いですが、もし松浦師匠で次回作があるならば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒井法子大先生35歳御誕生日

本日(2006年2月14日)は、酒井法子大先生の御誕生であります。 大先生は、1971年2月14日に御生まれになり、今年で御年35歳となられました。 誠に御めでたいことであります。謹んでお慶び申し上げす。 今夏には、大先生が御出演された映画「I am 日本人」が公開されます。この映画は、大先生の所属事務所の先輩でもある森田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

史上最恐の「スケバン刑事」

東映が映画「スケバン刑事」の製作を発表しました。監督は、深作健太氏。主演は、松浦亜弥師匠です。 四代目「麻宮サキ」として松浦師匠が起用されましたが、歴代「最恐」ではないでしょうか。深作健太監督はが、どんな映画に仕上げるか楽しみです。 共演が、美勇伝の三人。石川梨華さんが敵役になるそうだが、大丈夫か? と心配になる方々もいるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ刑事 THE MOVIE オフィシャルガイドブック」

映画「ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密~銭形姉妹への挑戦状」がまもなく公開されるが、そのオフィシャルガイドブックが学習研究社から発売されている。 この本の内容は三部構成。一部は、映画の登場人物とストーリーの紹介。二部は、出演者やスタッフのインタビュー。三部は、銭形家の謎そして「銭形雷」についてとなっている。「銭形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「『ケータイ刑事 THE MOVIE』を調査せよ!!」

2006年2月4日から公開される映画「ケータイ刑事 THE MOVIE」のメイキング番組「『ケータイ刑事 THE MOVIE』を調査せよ!!」がBS-iで放送された(2006年1月29日(日)14時30分~14時54分など)。 まず、銭形四姉妹を説明する紙芝居から始まる。これは、「銭形雷」のメイキング番組で使われたものと同じ。長女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ刑事 THE MOVIE」予告編

来年2月公開の映画「ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密~銭形姉妹への挑戦状」。映画予告編をみつけました。 何このスケールのでかそうな映像は。ドラマ版とは全く質が異なる予感がします。期待大。 宍戸錠さんは何の役なんだろう…。もしかして、おじいちゃま!?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ケータイ刑事 THE MOVIE」について

2006年2月公開「ケータイ刑事 THE MOVIE」の公式ホームページが開設された。 ストーリーやキャストを見ても、長女・愛は登場しないようだ。銭形愛役の宮﨑あおいさんの公式ホームページを見ても、出演するという情報はない。やはり銭形四姉妹のうち、出演するのは三人だけか。 次女・泪(黒川芽以さん)は高校生の設定のようだ。テレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more